PRESS RELEASEプレスリリース

プレスリリース

【行動観察レポート】「歯磨きは万能じゃない!?」
ママさんたちのオーラルケア事情を徹底解明!
行動観察から見える「オーラルケア」へのニーズの共通点

2017年01月31日

「えそら合同会社」では、ユーザーの日常の習慣の中に埋もれているニーズを発掘するため、独自の調査を行っております。今回子育て中のママさんパパさんを対象に「普段やっている『オーラルケア』は?」をテーマにした行動観察調査を実施いたしました。

【調査テーマ】

普段やっている「オーラルケア」は?

【調査結果サマリー】

今回の調査で読み取れたニーズは、「歯間の汚れを歯磨き前/歯磨き後にケアしたい」「翌朝すっきりするために前の晩から口腔ケアしたい」という自分のタイミングにこだわったケアをしたいというニーズや、「歯の着色汚れが気になるからコーヒーを控える」という見た目の美しさを意識したニーズが全体的な傾向として見られました。
また他には「接客業なため、特に良く見える前歯中心にケアしている」という職業柄によるニーズや、「タバコのヤニをしっかりとりたい」という生活習慣に即した個人のこだわりが見られる特徴的なニーズもいくつか見つかりました。

それぞれのニーズについて、代表的な動画をご紹介します。

最新スクリーンショット 2016-11-15 16.58.44

■ 一般的なニーズ

①ニーズ1 「歯間の汚れを、歯磨き前/歯磨き後など自分なりのタイミングでケアしたい」

毎⽇の⻭磨きだけでは取り除けない歯の隙間の汚れや奥歯の磨き残しなどをデンタルフロスや糸ようじなどで、毎晩または寝る前や⻭磨き前などその人なりのタイミングでケアをして、歯石や⻭垢がたまるのを防ぎ、虫歯や歯周病予防につなげたいというニーズが見えました。

ママAさん

「フロスピックで歯の間の汚れをとっています。歯科医院で歯の間に虫歯が見つかり、それ以来歯磨きだけでなく、歯磨きの前にフロスピックを使って歯の間をキレイにすることを心がけています。」

②ニーズ2 「就寝前に洗口液を使うことで、次の日の朝の口の中のネバネバをすっきりさせたい」

外出前に使用して口の中をすっきりさせたり、夜就寝する前に使用して、朝起きた時の不快な口の中のネバネバを防ぎ、歯周病や歯肉炎を予防したいというニーズが見られました。

ママBさん

「歯磨き以外はGUMのデンタルリンスを使っています。夫が歯周病が気になり始めて使うようになって、私は口の中をすっきりさせるために使っています」

③ニーズ3 「コーヒーは飲みたいが、着色が気になるので飲まない」

日常的な飲料として楽しまれているコーヒー。しかし歯の着色の大きな原因になっていることをうけ、仮説として、着色を避けるため、コーヒーを控えている人がいる可能性が見えました。

ママCさん

「コーヒーが好きなので歯の着色汚れが気になっていて、この歯磨き粉と電動歯ブラシを使って素早く、細かく磨くように心がけています。1歳の子がいるので歯磨きの時間が中々とれないのが悩みですが、電動歯ブラシや歯磨き粉の特性を利用して着色汚れが気にならないように磨いています。」

■ 特徴的なニーズ

④ニーズ4 「接客業なため、清潔な印象を心がけたい」

接客業という仕事柄、お客様からよく見える前歯を中心に入念なケアをしたいというニーズがありました。仮説として、接客業とオーラルケアの相性が良いことがわかりました。

パパDさん

「Y字型の歯間ブラシを使用しています。歯ブラシも入念にしますが、歯の間や根元の食べカスが中々とりきれないので使用しています。接客業という仕事柄、お客様と接することが多いので心がけています。お昼ご飯の後も必ず歯を磨いてお客様からよく見える前歯を中心にケアをしています。」

⑤ニーズ5 「歯磨き後に、歯ブラシだけではとりきれないヤニを綿棒でとりたい」

歯磨きは万能ではなく、汚れが残るので、歯や舌についたタバコのヤニを綿棒で磨いてとりたいというニーズがありました。

ママEさん

「普通に歯磨きをした後に、綿棒に少し歯磨き粉をつけて歯や舌を磨いています。磨き残しがとれるということ、タバコを吸うので綿棒の方がヤニがとれやすいとネットで見たことがあり、この磨き方をしています。」


このようなママさん、パパさんたちの日常の生の声から非常に多くのヒントを得ることができます。
ぜひ、皆さまもご自身のビジネスに照らし合わせて参考にしていただければ幸いです。

【活用例】

・歯科業界の方:主婦の方への効果的なアプローチ方法がわかります。
・オーラルケアグッズメーカーの方:新しい商品企画やサービスのご提案にご活用いただけます。
・ホームセンターの方:新しいオーラルケア関連商品の企画などにご活用いただけます。
・飲食メーカーの方:歯へのアプローチを考えた飲食の新商品開発などにご活用いただけます。
※その他、既存商品の利用状況を調査し、改善につなげるなど様々な方面でご活用いただけます!

当社では、スマートフォンで撮影された動画を通してママさんたちの行動観察を行い、自社や他社の商品が家庭の中で実際にどのように使われているのか、なぜ自社ではなく他社の商品が買われたのかといった調査を行っており、ママさん年間300人分の動画と分析レポートをお届けしています。

ご興味のある方は、下記よりお問い合わせをお願いいたします。

スクリーンショット 2017-01-23 19.55.39

【調査概要】

調査期間: 2016/5/17(火)~2016/7/26(金)
調査方法:スマートフォンで撮影された動画を使った行動観察
調査対象:子育て中のママさんパパさん 延べ 39名
調査期間:えそら合同会社

【本調査に使用したプラットフォーム】

■ 商品企画向け行動観察リサーチサービス
http://iinaa.jp/

■ リフォーム関連会社向け行動観察リサーチサービス
http://iinaa.jp/reform/

※本リリースの引用・転載は、必ずクレジットを明記していただきますようお願いいたします。

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

確 認

ページの先頭へ